スムーズにお金を借りる方法とは!?お金の借り方辞典

お金の借り方

銀行とお金の借り方のポイント

銀行で今すぐお金を借りたい|お金を借りる方法のポイント
銀行でのお金の借り方は、小口・大口ローンのどちらを利用するかによって異なります。 小口ローンは、いわゆるカードローンやキャッシングと呼ばれるもので、すぐに借りられるのが特徴です。 審査・融資までが数時間と非常に早く、消費者金融で借りるのと大差がありません。 審査はそれほど厳しくないため、消費者金融と同じ感覚で借りても大丈夫です。 消費者金融と比べて有利なのは、金利は数%程度低くなっているので、返済プランを立てやすいこと、そして限度額が大きいことです。 限度額とは利用限度額のことで、消費者金融の上限よりも高くなっているローンが多いのです。 1,000万円まで対応しているローンもあるほどです。 大口ローンは、担保が必要となるものが主流です。 不動産担保融資、住宅ローンなども該当します。 高額融資を受けられるのが特徴であり、それに比例して審査が厳格になっております。 審査にも数日を要することが多く、すぐに借りようと思って借りられるものではありませんが、住宅や自動車の購入時期は事前に検討・調整可能であるため、今日・明日で借り入れる必要もないでしょう。 銀行からお金を借りる方法といえば、大口ローンをイメージする人が多く、そのため審査も非常に厳格だと思われていますが、小口ローンに関しては意外と楽に借りられるものです。 同じ銀行の融資でも、大口ローンとはまったく性質が異なるもので、過去に返済遅れなどがなければ、消費者金融のような感覚で借りられます。
キャッシングの知識を深めたいならこのサイト!キャッシング 審査を通す方法とは

夕方以降のお金の借り方を調べよう

お金を借りる場合は、できるだけ早く申し込みをしておくと、より早く融資を受けることができます。 とはいえ、日中は仕事で忙しく銀行などに行く時間が取れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 夕方以降に、急いでお金を必要としている場合は、まずは手持ちのクレジットカードのキャッシング機能を利用してみるという方法もあります。 この場合は申し込みの手続きの手間がなく、すぐに融資が可能となります。 それから、キャッシングに申し込みを行う場合であれば無人契約機から手続きを行うことも可能です。 こうした無人契約機は夜9時ぐらいまで対応していることが多いので、仕事帰りにもゆっくり手続きを行うことができます。 この場合は手続きを行えば、数十分後にはカードがその場で発行されますので、カードを受け取ると、併設されているATMや提携している銀行やコンビニのATMを利用すればすぐにお金が借りられるのでとても便利です。 さらに、インターネットからの申し込みなら24時間対応となっているので、とりあえず申し込み手続きだけでも済ませておきたいという方は、こうしたサービスを利用するのも良いでしょう。 夕方以降の場合は、手続きはできても振込みは翌日になることもありますが、ネット銀行の場合は、即振込みに対応してもらえる場合もあります。 遅い時間からでもお金借りられる方法はいくつも用意されていますので、それぞれに合った方法で足りない資金を用意していきましょう。

銀行系のキャッシングを利用するメリット

キャッシングサービスを行っているのは今や消費者金融や信販会社だけではなくて、銀行もどんどん参入しているのでよりイメージアップにつながっていますし、実際に利用する際にもとても便利でお得になっていますよね!なんと言っても銀行系の会社の良い所は金利が低いところです。
利用金額にもよりますが融資最大限度額まで利用すれば、3%台や4%台で融資を受けることが出来ますし、最大金利も14%台あるいは15%台と言うところが多く、とてもリーズナブルに利用する事が出来るのです。
銀行系の会社はメジャーな会社が多いのでこれだけでも安心感が増しますが、さらに最も重要な金利が安いと言うことは文句の付け所がありませんよね!一般的なローンの場合には様々な書類提出が必要であったり、審査までに要する時間が長いことがネックとなって機動性が落ちますが、銀行系のキャッシングサービスとなるとその機動性は一挙に上がり、最短融資は即日ですので緊急時にも大変便利です。
会社によっては最大限度額が500万円や800万円となっているので、マイカーローンや教育ローンなどで煩雑な手続きを踏むのであれば、むしろキャッシングサービスを受けた方が手続きがとても早くて便利ですよね!申し込みの方法も様々ありまして、店頭窓口、電話、郵送、ファックスそしてインターネットなど、今の時代を反映してどんどん申し込み方法も進化しているので、手続きのし易い方法で申し込み?契約を行い、実際に必要額の融資を受けてみてはいかがでしょうか!

ネット申込みの先駆け的消費者金融のモビットの歴史

モビットは、ビッグバンが敢行された直後の2000年、現在の三菱東京UFJ銀行の前々身であった当時都市銀6位の三和銀行を中核としていました。 そして、現在のSMBCコンシューマーファイナンスの前身である消費者金融大手のプロミス、それに信販会社のアプラスの共同出資により設立された消費者金融です。 無店舗経営で、オペレータによる集約的金融業を目指して設立されたもので、当時は将来のインターネットブームを見込んで設立された先駆け的消費者金融でした。 特に2012年には、業界初となるWEB完結型での審査から融資までの一貫したシステムを提供したことでも話題になりました。 従来のネット申込みは、申込みができても、審査するための資料は郵送だったため、本審査に日数を要していました。 これら資料はいずれにしても写しであったため、デジタルカメラで撮影したデータをファイル送信したものでも構わないという考え方にいたりました。 しかし設立後の主要株主構成は流動的で、中核の三和銀が2002年に東海銀行と合併しUFJ銀行となった後、2006年には三菱銀との合併で、三菱東京UFJ(MUFG)となりました。 そしてアプラスが資本を撤退し、2004年にはプロミスが三井住友銀行(SMFG)の傘下となったことで、MUFGグループ会社だけどSMFGが資本参加という状態が長らく続いていました。 そして2013年に、モビットの社名と主力業務の個人向け融資事業はSMFGが、保証代行事業はMUFGが引き継ぐことになったのです。 2014年3月にMUFGの所有するモビット株をすべてSMFGへ売却し、名実ともにMUFGグループからSMFGグループとなりました。 現在では、プロミスのブランド名で消費者金融事業を展開するSMBCコンシューマーファイナンスの完全子会社となっています。

(c)http://www.wildernesssociety.org All Rights Reserved.